人間関係/子育て/親子/夫婦/ビジネス

大人のマナー

  
\ この記事を共有 /
大人のマナー

自己紹介

私は、九州出身の60代です。

20代の頃に九州から大阪に来て、歯科衛生士の資格を取得を取りました。

それから、取得をした資格での仕事を10年たずさわりました。

ただ、仕事せ腰をわずらったため退職してます。

そのことをきっかけに、今まで趣味だった着付けが仕事になる。

それは、30年間続いている。

色々とありましたが、今は着付けと、マナーの仕事をさせていただいております。

マナーは姿勢

マナーは、相手に対する姿勢のことです。

姿勢の種類は色々ありますが、相手の話を『きく』姿勢について。

「きく」ことでも、3種類の姿勢がある。

1:聞く

2:聴く

3:訊く

さて、3つの違いはわかりますか?

1:聞く ⇒「物音を聞く」「話し声が聞こえる」のように、音や声などを自然に耳に入ってくること。

2:聴く ⇒「音楽を聴く」「講義を聴く」「国民の声を聴く」のように、積極的に耳を傾けることを表す。

3:訊く ⇒「道を訊く」「都合を訊く」のように、尋ねる、問うことを意味する。

違いは、話している人が、どの様に受け取るかが大事になる。

そのような、マナーや所作指導をしてます。

倫理は、入会して8年目になります。

きっかけは、講師を勤めていた着物教室で営業部隊が20人いっきに止めるような出来事があった。

そのため、会社から講師も営業をするように業務命令があり、お客様の開拓に外に出るようになった。

そのため、講師のモチベーションも下がるし、営業のやり方も分からず情報を探していたときだった。

ただ、セミナーを探すものの高いし、セミナーを聞いても上手くいかない。

倫理に出会って

そんな時に、倫理のナイトセミナーと出会って入会をしました。

入会してからは、半年は何もしていなかったが、

推薦を受けて、女性委員会のメンバーと、副委員長、所属単会で副会長になり関わりが深くなってきました。

倫理と関わることで、仕事が復活してきたので、後ほど話します。

私の仕事については、コロナの影響でとても大きなダメージを受けた。

2020年3月に、着物教室を退職して次の仕事に”わくわく”していた矢先だった。

コロナと一緒に、ワクワクと不安がやってきた。

そんな時に、病魔が襲ってくる。

そしたら、不安が膨れてきた。

私の仕事は必要だろうか?「マナーが無くても生きていけるし」「襖も足でも開けれるし」などなど

コロナ鬱になってきたと思う。

倫理がきっかけで

そんな時に、倫理法人会の各委員会にマナーを教えてほしいと依頼が来る。

依頼を受けたので、どのようなことを伝えるべきか、

勉強をしたりカリキュラムを考えたりしているうちに、元気が出てきた!

マナーを伝えると、お礼や反応が返ってくるので、更にワクワク出来た。

マナーは、型を繰り返すことで、ブラッシュアップしてくる。

その様な、倫理でマナーを教えることばっかりスケジュールが埋まっていた。

仕事は、全然なかったが。

2021年1月ごろから、コロナも落ち着いてきたため、着物の仕事も戻ってきた。

成人式も近づき、スケジュールも埋まってきている。

マナーとは?なんだと思いますか。

相手の思いやりです。

生徒さんに月に一度学んでも、型を覚えても形にならない。

時間を守っても、所作を学んでも、なぜかその人が来ると、暗くなる。

ここの単会は、若い女性が多い。つまり、素敵な男性が多いということ。

女性の生活5原則

ーー昔はこれが出来たOKーー

さ 裁縫

し しつけ

す 炊事

せ 洗濯

そ 掃除

ーー今はこうなっているーー

か 感動

き 緊張

く くつろぐ

け 経験

こ 好奇心

このかきくけこを倫理で学ぶことが出来ます。

時代に変化があるので、それに着いていく学びを倫理で一緒に学びましょう。

Copyright©倫理に学ぶ,2021All Rights Reserved.