岐路について分かったこと

岐路について分かったこと

人生の中で、大きな岐路に立つことはそう何度もないが、必ずある。

その時に、どのように判断をしたのかを本日お伝えできればと思います。

近況について

まずは、私が専任幹事を拝命をしていた時に、

副専任幹事を引き受けていただいたAさんにはとても感謝をしております。

私は、2011年5月に倫理法人会に入会をしました。

今年で、10年目になります。

倫理法人会に入会をして、いくつかの委員会のお役も経験をさせていただくことが出来ました。

それが、朝礼委員会の副委員長を拝命した後、委員長も拝命いたしました。

その時に、『副』と、『委員長』の違いを実感をする。

役が一人か複数いるかの違いが大きい。

一人しかいない役割は、自分がなにをするかを決断もする必要がある。

複数いると楽かというと、そうでもない。

複数の中でも、頭角を出す必要があったりもするため。

最近、モーニングセミナーに参加できなかった理由として。。

1つ目は、前職の生命保険会社方針によるもの。

2つ目は、子供が受験のため参加を自粛していた。

その間に、当会はzoomでも入会者が出来るぐらい発展をしている。

モーニングセミナーで学ぶ

2020年10月にモーニングセミナーに参加したとき。

久々に参加して、朝食会のリーダーもして自己満足だった。

副会長から「さすがです!!」と言われて、ハッとする。

しおりP117に書いてある事を思い出す。

役者がこの頃なまけているぞ、いや得意になりすぎたぞ。名優は言った、「うまいと拍手されるような事ではだめだ」と。

自己革新をすることは、自分で気付く以外に方法はないと実感。

倫理指導を実践

モーニングセミナーに参加していない理由について。

倫理実践をしているため。

数年前に、子供の教育方針が夫婦ですれ違っていたことを相談をした。

その時のアドバイスが、「妻の言うことをすべて実践しなさい」と言われる。

当時は、何を言ってるんだ?と無視していた。

『夫婦の方針が違うのに、自分が合わせる必要があるわけない!』

2020年から、娘が病気になってしまった時に原因がはっきりわからないため苦労している。

そしたら、妻がネットや書籍で原因を調べて、突き止めることが出来た。

母親はすごいと思う瞬間だった。

そういうわけで、妻の事を聞く実践をするためにMSを欠席している。

そして、今は状態も良くなり、娘も病院に行かなくても生活が出来るようになってきた。

時が流れた倫理実践でも、効果があった。

すごいと改めて、実感をすることが出来る。

倫理指導は、『こうしなさい!』と言われることはない。

あくまで、自分で気づくように言われる。

十数年勤めた生命保険会社の退職

倫理法人会のの互礼会の時に、声をかけて頂いた方がいる。

その時の内容は、「生命保険の新規開拓が苦手な方はいませんか?」ということだった。

新規開拓をし続ける生命保険と違い損害保険は、一年間の更新業務があるので向いているかも知れないとのこと。

それから、話しが進み自分がその会社でリーダーとして活躍をしたいと思うようになる。

コロナ禍で時間が作れるため、考える時間があったからかも知れない。

きっかけと出会ったとき、岐路に立ったときにどのように道を決めるのか。

倫理を通して学ぶことも多い。

未来の自分から見て、後悔をしない。

選択をしてよかったと思う様な道を選ぶためにどのようにしたら良いかは、モーニングセミナーにヒントがあったりするので、ぜひ一緒に学びたい。