ブラックサンダー物語(中編)

ブラックサンダー物語(中編)

倫理経営のブラックサンダー

倫理の教えは、家庭がうまくいくと全てが上手くようになり、

ちゃんとすると、仕事もお金も儲かる様になっている。

2007年から父から社長を交代し、経営を引き継ぐ。

その頃から熊本、京都の大学から売れるようになり始める。

全国に、広まるきっかけが2chのスレッドにあり、毎日会社に行くと見ていた。

翌年、内村航平選手が「ブラックサンダーが大好き」だと、言ってくれたおかけでよく売れる様になっていく。その年は、他の仕事を止めても、ブラックサンダーを作り、その年は1億個の生産をした。

2012年に内村航平選手が金メダルを取得した際も、ブラックサンダーの話題を取り上げていただいた。

そして、父に報告をした。

ブラックサンダー売れましたと。

すでに、認知症が進んでいたが、喜んでいると思う。

学びが形になっていく

2011年3月14日に、豊橋に2万坪の工場を建設する。

建設中も入院している父に、PCに工場の写真を入れて見舞いに行く。

ただ、竣工する少し前に間に合わすことが出来なかった。

それは、父に褒めてもらいたいと感じていたから。

父に褒めてもらった記憶がなかった。。

父が亡くなったあとに、遺品の整理をしていると今まで送ったはがきが見つかり、

母に「父さん楽しみにしてたよ」と聞いた。倫理実践は、本当にいい経験をさせてもらった。

その後、2013年に台湾でもヒットをし始める。

2018年には、売上が4倍を達成する事が出来た。