【4】人は鏡、万象はわが師(万象我師)

【4】人は鏡、万象はわが師(万象我師)

人は人、自分は自分と、別々のいきものだと考えるところに、人の世のいろいろの不幸がきざす。

実は人はわが鏡である。

自分の心を映す影像(えいぞう)にすぎぬ。

山彦(やまびこ)のよべば答える、それにも譬(たと)えられる。

にこにこして話しかけると、相手は笑みかけて答える。大声でどなれば、むっとしてにらみかえす。

物売りが来る。「イラナイヨと、つっけんどんに言うと、ピシャリと戸を引きしめて出て行く。

親子、夫婦、交友、隣人、すべてがわが鏡であって、わが心のままに変って行く。

今日(こんにち)までは、相手の人を直(なお)そうとした。

鏡に向かって、顔の墨をけすに、ガラスをふこうとしていたので、一こうにおちぬ。

自分の顔をぬぐえばよい。

人を改めさせよう、変えようとする前に、まず自ら改め、自分が変わればよい。

これをひろげていくと、人の世のすべては、自分の鏡であり、さらに草木も、鳥獣も、自然の動きも皆、わが鏡であることが判ってくる。

作物も、家畜も、わが心の生活をかえれば、その通りに変わってゆく。

それだけではない。

私をとりまく大自然は、ただわが鏡というそれだけではない。

求めれば、何事でも教えてくれないものはない、無上のわが師である。

自然は真理の百科辞典、書籍(ほん)はその牽引(インデックス)である。

万象は真理の顕現(けんげん)であり、芸術の開花である。

目を開いてこれを見、口をすすいでこれを味わい、心を空にしてこれに対するとき、興味津々(きょうみしんしん)、地上は喜びの楽土と変わってくる。

古人は言った、「万象是我師(ばんしょうこれわがし)」と。

まじめにこれに師事(しじ)して尋ねる人には、正しく答えてくれる。

昔の人は天を父、地を母とよんだ。父母はその子の求めには、何物をも惜しまず与える。

与えられぬのは、ま心からこれを求めないからである。

この求め方を教えるのは古(いにしえ)の哲人(てつじん)であり、今の学者であり、これを伝えたのが書籍(ほん)である。

だから書籍(ほん)は、これを暗記していたところで、それはインデックスを覚えているに過ぎぬ。

学問は信じ過ぎるも愚であり、けいべつするも馬鹿である。

「太上(たいじょう)は天を師とし、其次(そのつぎ)は人を師とし、其次(そのつぎ)は経(けい)を師とす。」(『言志録』)