【15】信ずれば成り、憂えれば崩れる(信成万事)

【15】信ずれば成り、憂えれば崩れる(信成万事)

自信のないことは失敗する。

練習するということは、その仕事なり、競技なりに慣れて間違いのないようにするのが、その形から見たところで、その実は、信念をつけるのである。

信念をねりかため、ねりあげるのである。

きっとできるぞ、きっとやるぞ、と動かぬ信念がその事を成就させる。

自信はモーターの馬力である、仕事の推進力である。

形ではまだ出来ていないが、心ではもう出来上っているのである。

信ずるという事は、事実そうであるから、それと信ずるのではない。

そうであることは信ずるも何もない、もうすでにそうである。

ほんとうに信ずれば、そうなるのであり、必ず信じた通りにさせるのである。

「信ずるが故に神あり」とは、この事をいう。

信ずる所に神が現われ、仏がまします。故に「信は力なり」と言う。

人は、縄をもっては、その肉体をしばる事はできるが、その精神をくびることは出来ぬ。

人の心をかなしばりにしばりつけるものは、ただ一つ信(まこと)あるのみである。

「士は己を知る人の為に死す」(『史記』)と言った。

知るとは信ずることである。

心の底から信じてくれる人には、うえをつくことが出来ぬ。

信ずる人をごまかすことは出来ぬ

人の世の交りの本は「信ずる」ことであり、事をなすの根本の力は信念である。

決心の強いか弱いかによって、仕事の成否がきまるが、決心ということは、今までなかった事を、こうしようと信念を定めることである。

「ちかい」(誓)というのは、人と人とが、又人が人以外のものと結びあって、信念をかためることをいう。

「祈り」は、神にすがって信念を確立するのであり、大宇宙の大信念と一致しようとするのである。

「祈るときすでに成就したものと思え」とは、そのことである。

悪人を善人にするただ1つの道は、信ずるにある。悪人だから信じられぬというのが常識であるが、悪人だから信ずる。

信ずるから悪をしないのである。

信は、動いて愛となる。

そして、すべてをうるおし、すべてを充たす。信には欠けるところがない。

信は成し、信はみたす。

憂えるのは疑うからである。あぶないから憂えるのではない。

憂えるから失敗する。憂えるからあぶない。

病気は恐れ憂えるから長びく、重くなる。

事業は憂えるから崩れる。

農業のような自然力によった仕事でも憂えるから実りが悪くなる。

うれえるの反対は、喜ぶことである。

希望にもえること、信ずることである

喜びより発して、信に帰る。

愛は信より発する光であり、熱である。

人生は信によって成る。

乱れは信の欠けたことからおこる。