【10】働きは最上の喜び(勤労歓喜)

【10】働きは最上の喜び(勤労歓喜)

人はただ生きているだけでは、何の意味もない。

働いてはじめて生きがいがある。

働いている時が、ほうとうに生きている時である。

何もせずに、ぼんやり過した1日は、死んだ1日である。

じっとしていなければならぬほど、困ったことはない。

仕事のない時ほど、つまらぬことはない。

職を止めると、間もなく死んでしまう人の多いのは、仕事がなくなると同時に、気がぬけてしまうからである。

そして働く人は健康であり、働く人は長命である。

世の人は、身体が悪いから働けない、というように考えているが、それは反対である。

働かないから(こわごわと恐れたり、いやいやながらなまけたり)働く心がならぬから、体が弱々しいのである。

病気になってからでも、出来る仕事を心配なく働きつづけていたら、それ以上悪くならないばかりでなく、次第によくなってくるもである。

実はほんとうの働きの意味を知って働きはじめると、たいていの病気が直ってしまうのは、ここに幾百千の体験が証明している。

働きが一切であり、働きが人生である。働きが生命である。

この働きには、そのままに、必ず「報酬」がついている。

金銭でうける「報酬」は、多少があり、不公平があったりするかもしれぬが、この自然にして当然に受ける報酬は、かならず働きに比例して、落ちもなく、忘れられもせず、必ず直ちに与えられる。

それは「喜び」という報酬である。

ま心で働いた時、必ず喜びがわく。

何の期待もなく、予期するところもなく働いた時、おのずからに感ずる喜びは、他のどんな喜びにもかえることは出来ない。

まことの働きには、すでに「喜び」という無上の報酬が与えられているので、いわゆる普通の給与は、喜んで働く人を、養い、歓待する天のめぐみである。

いや、自然に与えられる割増金であると、感謝してうけるのがほんとうであろう。

世の楽しみは多い。好きな物をたべる、美しい物を見る、よい着物をきる……いろいろの喜びの中で、どれほどつづけるも、如何にひどくても、いよいよ高まり深まって行くのは、働きに伴う喜びである。

地味で素朴で尽きぬ喜び、中でも、まことの働きにより、人を助け、人を救い、人の喜びをわが喜びとする、その喜び、これこそ地上無比な喜びである。

元来仕事そのものには、上下貴賤の別があるのではない。

職業には尊卑はない。

自ら軽んずる心を持つ働きを人が賤しと思い、自ら重んずる職業を人が尊ぶのである。

つまらぬ仕事だとか、いやなことだとか考えて、仕事の好ききらいをする。

こうした人は、一生涯たましいを打ちこんだ仕事につく事は出来ず、人生のまことの喜びを満喫する事は出来ない。

自分の只今ついている仕事の尊さを悟って、けんめいに働く時、自然に与えられる楽しみ、これは何物にも替えることの出来ぬ人生の喜びである、最高至上の歓喜である。

真の働きには喜びが伴うだけではない。

肉体に健康も、物質の恩恵も、地位も名誉も、おのずからついてくる。

人が生きているということは、働くことである。

働く喜びこそ、生きている喜びである。