【11】物はこれを生かす人に集まる(万物生々)

【11】物はこれを生かす人に集まる(万物生々)

物は生きている」と言ったら、半分は「そうだ」と言い、半分は「そうではない」と言うであろう。

しかし物はすべて生きている。

着物も、道具も、機械も、金銭も皆生きている。

大切につかえば、その持主のために喜んで働き、粗末にあつかえば、すねて持主に反抗するだけでなく、時には腹立てて食ってかかる

けがをするというようなことはこうした場合が多い。

朝ばん、道具を拝むようにして働く農夫や大工が、その道具でけがをするというようなことはない。

不足不平でぶつぶつ言い、機械をかたきのようにいやがり、どれいのようにこく使している人は、その機械の運転がまずく、時には大けがすることさえある。

仕事に精根をかたむける人は、まず用具に手入れを十分にし、用具を大切にする。

用具をわが手足の如く大切にし、衣服をわが体の如く愛するだけでなく、農夫は作物を、生産人はそれぞれの生産品を、わが子の如く愛し、慈くしむ。

そうした人たちによって、この上もないよい物が、たとえようもなく、たくさんに産み出される。

物を象徴し、すべての財を具象したのが金銭である。

金銭は物質の中で、最も敏感な生物である。

金銭はこれを大切にする人に集まる。

ある富豪は必ずドウマキをもっていて、現金は肌身はなさず大切にして旅行した。

ある人は、さつには必ずヒノシをかけてしわをのばして大切に保存した。

人ごみの中に行った時は、金入れを必ず手でおさえていた。

しかしこうしたことは、金銭を大切にするほんの一面で、ほんとうに大切にすることは、むだに使わぬことであり、さらに金銭を生かして使うことであって、これがその頂上である。

物は、人と同じように生きている。

人が徳の高い人のもとに集まるように、物もまた少しでもよく働かしてくれる人のところに集まる。

物をほんとうに働かすとは、使う時思いきってこれを使う事である。

ケチケチするのは、金銭を生かす事にはならぬ。

大たんに、よろこんで、すぐにこれを出す。

これは生かすこと、金を働かすことである。それで我欲の人は金銭を自分一人のために、自分の勝手のためにのみ使いたいという心であるから、活動したい子供たちを、親の勝手にしばしつけておくようなものである。

実は、金銭はその人の努力に正比例し、欲心に反比例して集まってくる。

財貨は、喜んで働く人に自然にめぐまれる。

欲心のあるだけ差引される。

大富豪は、実は無欲至誠の人でなければ、行けない境地である。

世には、報酬を要求し、金銭を請求するのを賤しい事のように思う人がある。

取るべき金を取り、請求すべき金銭を妥協なく要求することは、何らはずべきことでないばかりでなく、かえって、生活にはっきりと筋道を立てる所以がある。

しかし人の働きは、金銭によってねうちをつけられるようなものではない。

又働きの時間や分量によって、いくらいくらと計算されるようなものでもない。

働く人の心――喜んでいるか、いやいやながら時間をつぶしているか、まことを傾けて一心に働いているか、千差万別である。

これをはかりにかけて一々計算したならば、一律の報酬では不公平極まるものとなるであろう。

これは一体どうなるだろうか。

一見不合理のようではあるが、長い目で見ていると、まことの働きによらずに得た金銭は、不時の入費の為に飛んでしまう。

あるいは又、金銭のためにかえって苦しむということになる。

金がある為に不幸になるのである。

だから「金銭はその人の働きに応じて、自然にめぐまれるもの」ということが、わが民族の総合体験であり、我等が会得した人倫の哲理である。

一方、欲がなければ金銭にめぐめれぬと言う事も、一応考えられる事である。

なるほどごう欲な人は金をためる。

しかし金の為に、その人は幸福になったか、苦しむ事はなかったか。

人からの恨みによって不幸に陥らなかったか。

世にそうした不浄な金のために苦しむ実例は多い。

ほんとうに身につく金銭を得る人は、無欲の人である。

大事業家は、無欲の人である。

事業は欲心で左右されるようなものではない。

ただせずにおられず、仕事そのものがすでに無上の喜び、無限の恵みであって、歓喜に満ちて働く、そこに事業はおのずから成功し、金銭は自然に集まるのである。

二宮尊徳先生が、弟子に示したたらいの水の例話のように、欲心を起して水を自分の方にかきよせると、向うににげる。

人のためにと向うにおしやれば、わが方にかえる。

金銭も、物質も、人の幸福も亦同じことである。  

物はこれを愛する人によって産み出され、これを大切にする人のために働き、これを生かす人に集まってくる。

すべて生きているからである。