【9】約束を違えれば、己の幸いを捨て他人の福を奪う(破約失福)

【9】約束を違えれば、己の幸いを捨て他人の福を奪う(破約失福)

「きめごと」というのは、大の天体の運行、四季、昼夜めぐり、小は火、水、電気などについてのことなど、これまで学者が研究し、発見したすべての法則。

それは、はずれるとすぐけがをする、損をする。

夜は燈がないと仕事ができぬ。

雨の日に傘がないとぬれる……。

火はやけどをするし、電気はビリリと来る。

こうした自然の約束は、知る限りは必ず守る。

守らぬと身を亡ぼし、命を失う。

人のきめた約束はどうであろうか。

いかめしい手つづきできめた法律、あるいは人がよりあって定めた、いろいろの規約、これは人のきめたものだから、守る守らぬは、そんなに厳密なものではない。

時によると、うまくのがれれば得をするといったふうに、人のきめごとは、あまく見ている。

これは大変な誤りである。

法律も、規約も、人が何人か集まって、同じ目的で仕事をし、生きて行く為には、なければならぬきめごとである。

だから、破れば皆が困り不幸になるということは分る。

が、これを破ったからとて、知れねばそれだけ得をすると考えるのが、低級な間違った常識である。

たとえば、さぎ、どろぼうが、働きもせずに、もうけてよかったと思うようなものである。

ことに、いわゆるやみで儲けた、と得意になっているようなものである。

これは、大変な考えちがいで、少し目を洗い、耳をそうじして世間を見ていると、法網をくぐって出来た金銭、財産は、その人の身につかぬのみか、かえって、その人を、家を不幸にする。

それこそ、1件の例外もなく、1人のもれもない。

少しく頭のよい注意深い人は、これを一々の実例に見て、天の記録の精密さ、そのむちのきびしさに襟を正す。

天をおそれることはこの事である。

これ以外に、普通約束といえば、何かある時、人と人とが約束したこと、きめたことと、考えられている。

これも亦、破約の場合、間違った人は別に損得はないが、破られた方が損をすると考えられている。

これも見かけの上の事で、破った方は、守らなかった責任がある。

これがただ道徳上の責任というだけですむように思われている。

それが実はそうではない。

破った方が、必ずその責めを分担せねばならぬこと、いやでもきらいでも、その責めを実際生活の上に負わされて、困りぬいている実例の多いことは、この絶対倫理の一々実証しているところである。

とりわけて、きびしい破約に対する天の刑罰は、親子夫婦等の血縁の間の「きめごと」である。

これは、まだ世に明かにされていない、ひめごとの幕に包まれている。

絶対倫理はこの秘密の扉を開いて、血縁のきめごとの誤りから来た肉体上の苦痛を、見事に解決している。

ことにきめごとの中で、時間を守るという、文化人として最初のテストに見事に落第した日本人は、今日ただ今を期して、まず時間を正しく守ることからはじめて、生活をたて直さなければ、再びその時は来ないであろう。