【17】人生は神の演劇、その主役は己自身である(人生神劇)

【17】人生は神の演劇、その主役は己自身である(人生神劇)

宇宙の生命、統一の中心、万象の根源、これを神あるいは仏と言う。

民族により、宗教により、いろいろと名称は異なり、観方は違っているが、ただ1つの宇宙の統一力、支配者、主宰者をいうのである。

しかし神は幽なるもの、説明を越え、思惟を絶する、感覚の外にある。

言いようもなく、考えようもない。

絶対と言い、無限と言うも、光明無量又寿命無量、そうした言葉の末で、その真をつくし得るものではない。

言えばすでにちがう。

考えれば、もうこれとはなれる。

万象は神の発顕、世界は神の顕現、人は神の性をうけて現われ、恰も天界での星の如く、小宇宙をなし、小中心をなして、その各々の境に於て主置に居る。

すでに、幽なる力が顕われて万象となり、形をとった力は、ひそんで幽界に統一する。

故に幽顕一体であり、神人不二である。

この理を実にしたもの、これを神人合一、解脱、見神等と名づける。

ここまで行きついて、人は初めて真の自由を得る。

自在奔放、心の欲する所に従ってのりをこえない。

幽顕に出入し、神人に優遊して、自在ならざるはない。

人かと思えば神、神かと思えば人、神人一致である。

ここに人が顕界の主となる意義が成り立つ。

人は生命を神にうけているが、1度生れれば、各々の自性をうけて自由となる。

この自由は、舞台における俳優の自由である。

人生は演劇である。

劇作家、監督、演出、それは、ただ1人でかねていて、絶好無比、周到無類、到らぬくまもなく、及ばぬ時処もない。

こうもこまかにゆきとどいたものかとおそれている。

その上批評もし、報酬も与え、賞罰もあるが、公平無私、かつて1度の手落ちもなく、しすぎもない。

この演劇は、悠久の古から永遠の未来にまで踊りつづけている、大規模の幕切なしの劇である。

全地上が舞台であり、濃藍の海と、緑の岡と、コバルトの空と、背景の美しさ。

花あり、紅葉あり、鳥鳴き、魚躍る。廻り舞台には昼夜の別もない。

その大演劇の主役は、己自身である。

家にあっては父、会社に出ては社員。そして旅行もあり、選挙もある。

その時、その場を、いかに、真理(神)の筋書に合するように演出しているか。

役者がこの頃なまけているぞ、いや得意になりすぎたぞ。

名優は言った、「うまいと拍手されるような事ではだめだ」と。

時には他人の演ずる舞台の、観劇の場面もある。

何れを見ても、悲劇・喜劇が、演ぜられている。

小説や映画などは、この人生劇の1部を切りとって、解説した説明書である。

これを手引に、地球座人生劇場の、真理の芸術を、満喫しては如何であろう。

無料、露天大活劇、新旧、喜悲、男女、老若、とりどりの大演劇である。そしてその主役は己自身である。

演出の作法(ルール)は絶対倫理であり、万人幸福の倫理である。