無名の大学在学中に、就職活動で苦労した話し

無名の大学在学中に、就職活動で苦労した話し

コンプレックスの塊の学生時代

私は、重い学歴コンプレックスを抱いていました。

中学までは何をやっても上手くいく優等生でした。

けれども、進学先の高校で落ちこぼれ、無名の大学へ行くことになりました。

大学ではいつも1人でいました。周りがバカに見えたからです。

大した能力はないくせに、プライドばかりが肥大している、嫌な奴でした。

転機が訪れたのは、大学2年生の時です。

大学で、たまたま半年間の海外留学者を募集していたのです。私はすぐに応募しました。

そして、留学の道へ

なぜなら、日本にいたくなかったからです。

会う人全てに学歴フィルターを通し、自分の学歴を呪っていました。

海外に行けば、自分の高校名や大学名を知っている人はいない、そう思いました。

晴れて海外留学生としてアメリカに派遣された私は、希望通りの生活を送ることになりました。

周りに、高校や大学を尋ねる人はいません。

「その人自身がどういう人物か」で人を判断されるように思いました。

実際にはそういうことばかりではないのですが、とにかく私は、海外に行くことで、そう思いこめたのです。

私が学歴コンプレックスを払拭したきっかけでした。

帰国してから大変身!

帰国して、ひたすら勉強に励みました。

大学名だけでは、就職できないと思ったからです。

私は、就職活動が始まるまでに、いくつかの資格を取得していました。

就職活動には力を入れて取り組みました。

1日に2件以上の予定を入れて、あらゆる企業を周りました。

スマホ片手に、説明会予約のキャンセル待ちを、何十分もしました。

大学名で選考から外されたことも、おそらくあります。

それでも私は、何十社の企業に応募し続けました。

場数を踏むと、自然とテクニックが身につきます。

私は、面接の場で、必ず「学歴コンプレックス」の話をしていました。

「私は学歴コンプレックスを払拭した、だから採用してください」と言い続けました。

過去をバネに出来た瞬間

大した能力もない私には、それしかなかったのです。

面接では、いかに自分の言葉で熱く語れるかが重要です。

魂がこもった言葉は相手に伝わりやすいものです。

魂を込めて熱弁した結果、第一志望の会社に採用していただくことができました。

あの時何もなかった私を採用してくれたことを、私は今でも感謝しています。

きっかけは、あまりよくなかったかもしれません。

私は、学歴コンプレックスを払拭して、希望の会社に勤めることができてよかったと思っています。