面倒なトイレ掃除もここからでOK! 気分もクリーンになれる簡単お掃除(前編)

面倒なトイレ掃除もここからでOK! 気分もクリーンになれる簡単お掃除(前編)

掃除を始めるのが簡単になるコツ

「やらなくちゃなぁ」と思いながらも「明日でいっか」で

ついつい汚れたまま、ついつい後回しにしがちな場所、それがトイレですよね。

トイレ掃除をすれば運気が上がる、と聞きながらも面倒くさいし、

掃除をしなくても用が足せるので、手が行き届かない場所でもあります。

おそらく誰でも、面倒だと思うのが普通なのではないでしょうか。

でもちょっとしたことで自分の「お掃除スイッチ」を入れることが出来たのです。

私のお掃除スイッチはなんだかわかりますか?

私のお掃除スイッチは「何もしない」こと

私のお掃除スイッチは何もしないことから始まりました。

掃除をするために何もしないってどういうこと?と思いますよね。

もちろん、本当に何もしないわけではありません。

本当に何もしなかったら今までと何も変わりませんからね。

あること」をしたらそのまま放っておくのです。

あることをして放置、それが私のお掃除スイッチを入れてくれたのです。

お掃除の定番品を入れるだけ

あること、とは「重曹を1カップ、便器にザバッといれて一晩放置」です。

便器の中の黒い輪、CMではおサボりリング、なんて言っていたこともありますね。

掃除を少ししないでおくと、水が入っている境目に黒いふちができてしまいます。

一度できてしまうと、ブラシでこすってもなかなか落ちない、

やっかいなものです。

ブラシで一生懸命こすっても落ちない、となると掃除へのモチベーションが

さがりますよね。

この負のスパイラルにはまると、掃除が面倒になってしまうのです。

そんな時に重曹を便器に入れて一晩放置する話を聞きました。

「そんな簡単に掃除ができるわけない」と思っていましたが、

効果テキメンだったのです。

こんなにもトイレがキレイになった!と思ったら欲が出てくるもんですね。

掃除がもっとしたくなってきたのです。