新卒入社した証券会社で、新規開拓営業に打ち込んだ話し

新卒入社した証券会社で、新規開拓営業に打ち込んだ話し

4年間通った大学を卒業して

新卒として入ったのは、証券会社でした。

理由は色々あったけれど、「自己成長」が大きなテーマです。

証券会社の営業は厳しい、だからこそ自分を成長させることができる。

そんな期待を胸に抱いていました。

研修もそこそこに、私はとある小さな支店に配属されます。

そこでは、教育係の先輩社員が1人つきました。

いきなり、「近隣を訪問してこい」と言われます。

覚悟していたものの、実際にやってみるとやはり心にきました。

新規開拓営業では、一軒ずつインターホンを鳴らしていくのですが、留守であることが大半です。

運よく応答されても、名乗った時点で冷たく断られます。

そうして目に入る建物という建物に飛び込み、

小さな裏道1本まで逃さずエリアを網羅します。

1日中、何百軒と駆け回って成果が全く出ない、ということも少なくありません。

何件も何件も、断られ続けます。

時には厳しい怒号だって浴びます。

「2度と来るな」と怒られた先には、地図上にバツ印をつけます。

バツ印はだんだん増えていきます。

バツ印一歩手前の、恐い先も増えてきました。

日に日に訪問できる所が少なくなって、1日に2回、同じ家のインターホンを鳴らすことが多くなっていきます。

しまいには、「どうか出ないでほしい。居留守を使ってほしい」とまで思うようになっていきます。

人に拒絶されるということは、辛いものです。

いくら覚悟していたとしても、面と向かって断られ続けると、まるで自分のことを否定されたかのように感じてしまいます。

自分は何の価値もない人間なんだ、と落ち込むことが増えました。

ついに、心が。。。

私は、入社前の期待が早くも打ち砕かれ、心が折れそうになっていました。

そんな時です。ある日、支店に電話で問い合わせがありました。

「いつも訪問してくる女の子、いますか?」

私はびっくりしました。

それは、インターホンを押してもいつも応答がなかった、古い一軒家の住人でした。

その人は、私が毎日、周辺を歩き回っていることを知っていたのです。

震える手で口座開設用紙を受け取ったことを、今でも鮮明に覚えています。

成果が出る瞬間

その人には、何年も続けて取引をいただき、大変お世話になりました。

未熟な新入社員である私の話に、長いことつきあってくれました。

つたない営業話にも、毎回あいづちを打ってくれました。

私が成長できたのは、そのお客様がいてくださったからで、今でも感謝しています。

苦しいことがある度に、新入社員時代を思い返して頑張っています。