倫理法人会に入会して得られるもの

倫理法人会に入会して得られるもの

倫理法人会との出会い

私は39歳で、父の経営している会社で仕事をしている。

倫理法人会に入会してかれこれ2年半が経ちました。

きっかけは、鴨頭嘉人さんのyoutubeをみて。

その時は、問題を抱えており何とかしなければと思っていた。

初めてMSに参加した時は、副会長の講話で[幸せ]について、学んだ。

その時のことをふまえて大きく3つにまとめてお話をします。

1:感謝の心。

法人スーパーバイザーから倫理指導を受ける。

感謝の心を持つことが足りないと、両親、家族、従業員、取引先など。

さらには、来ていただいているお客様や食材の納品をして頂いてる業者も。

尊敬をしている経営者は、感謝の心を持っている。

京セラの稲盛和夫のフィロソフィも有名である。

2:物事の受け取り方

物事の現象は変えれないが、自分の受け取り方は自分で決めることが出来る。

他責にすることも出来る。

今回のコロナ禍の影響を受けて、売上に大きな打撃を受けてしまった。

しかし、自分達でこんなことも、あんなことも出来ると受け止めることも出来る。

ネット支店、持ち帰りメニューの強化をすることが出来た。

苦難も、問題も受け取り方を変えて成果につなげていきたい。

コップの水の受け取り方。

「半分しかない水」「半分もある水」と両方同じ。

良いところを見るのも、悪い所を見るのも捉え方の違い。

3:習慣の大切さ

今よりも人生を良くしたいのなら、毎日の姿を有りたい姿に。

良い身体を作りたいなら、健康習慣を。

経営者になるためには、知識も学ぶ。

7つの習慣より。

成功者は、人の嫌なことをするが、自分の目標のためにそれらを克服をしている。

自分の人生の理念も、毎日音読をするようにしている。

毎朝、太陽に向かって感謝をする習慣

ベストパフォーマンスを出せるように、運動や朝起きの習慣をつけてきた。

倫理法人会は、自分の悪い習慣を見直して、良い習慣を身につける場として最高の場である。

ここで学ぶことで、日々アップデートと変化をつけることの出来る。

まとめ

倫理法人会に入っても、何でも上手くいくわけではけしてないが、自分のわがままさを受け入れる。

倫理法人会には、来るだけで学びを得られる。

先輩や、尊敬する経営者がたくさんいらっしゃる。

万人幸福の栞の第3条に運命自招がある。

他人は変えれないが、自分を変えることは出来る。

今すぐに!