人間関係/子育て/親子/夫婦/ビジネス

前兆に気付く

  
\ この記事を共有 /
前兆に気付く

前兆とは

国語辞典をひいてみると。。。

前触れ。前兆。きざし。
特に、未来の事象を示すものとしての、天体・天候・動物・植物などの自然現象に現れる変化。

国語辞典

なにか、分かるような。分からないような。。

抽象的に誤魔化してるのかと思ってしまうのは私だけかな。

前兆に気付くために

では、普段の生活で前兆に気付くことはできるのだろうか。

答えは、「yes」です。

地震もいきなり、揺れるわけではなく少しづつ、少しづつ、プレートが移動して発生します。

ただ、前兆を知るためにはどうしたら良いのだろうか。

昔から日本人は、日々の生活の中で、自然の動きなどから予兆(前兆)をつかみ、実生活に取り入れてきました。

明日、晴れるか、雨が降るかを、空を見て雲の種類などから感じてきました。

同じ様に、自分の体や職場にも予兆があるはずです。

本格的に風邪の症状が現れる前には、ちょっとした熱っぽさや鼻水の症状が出るでしょう。

それを、単なる異変として放っておくか、風邪の予兆として対処するかで、その後の症状も変わります。

普段が万事

普段の生活での、予兆に気付くためにできること。

予兆に気付くために、することは。。

気付くと同時に行うです。

気付いたときが、一番のチャンスです。

  • ゴミが落ちているのに気付いたら、拾う。
  • 感謝を伝えたいと思ったときに伝える。
  • 旅行に行きたいと思ったら、予定を入れる。

ついつい、後でもいい思ってしまいがちですが。

気づいたときに、行動をしていくとチャンスを掴めます。

今しないと、悪くなる一方だったり、チャンスを逃してつかめなくなってしまいます。

ただ、何でもかんでも判断せずにすることとは違いますのでご注意を。

出来るビジネスマンの共通点

出来るビジネスマンの共通点とは、ずばり「早い」です。

  • 返信が早い。
  • 決断が早い。
  • 行動が早い。

「早い」ことは良いこともたくさんあるのは、皆さんご存知と思いますので、

ぜひ、チャンスをつかみましょう。

Copyright©倫理に学ぶ,2021All Rights Reserved.