できる人は知っている良好な人間関係を築くポイント

できる人は知っている良好な人間関係を築くポイント

1.はじめに

さまざまな職場がありますが、人間関係が大事なのはどの職場も一緒だと思います。 

考える サラリーマン に対する画像結果

職場で良好な人間関係を築くことができずに、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、私が人間関係に悩んだ結果、本や動画などを参考にして実際に実践して効果があった人間関係が絶対良くなる方法をご紹介します。

2.ポイント

良好な人間関係を築くポイントとして、4つに厳選して紹介します。

①他人の目を気にしない

1つ目のポイントは「他人の目を気にしない」ということです。人は「あの人は私のことをどう思っているのだろう?」「こんなことを言ったらあの人はどう思うのだろう?」などとどうしても考えてしまうものです。

良好な関係を築きたいと思えば思うほど、他の人の目が気になってしまいます。しかし、他人の目ばかり気にしていると、自分の本音が言えない、無駄に気を遣って疲れてしまいます。相手に気を遣ってばかりいると、良い人間関係を気づくことができません。相手を思いやることは大切ですが、相手を気にしすぎてもいけません。他人の目ばかり気にしている方は、ぜひ自分の心や本音を優先する習慣を身に着けて自分の感情をおさえずに言いたいことを言ってみましょう。

②相手の良いところを見る

「美点凝視」という言葉をご存知でしょうか。文字のごとく相手の良い点を見つけて注目するという意味になります。

他人の目 に対する画像結果

人は相手の良い部分より、悪い部分や欠点が気になったりするものです。相手の良い部分に気づかず、悪い部分ばかり気にしていると、相手と関わることを避けてしまったり、相手の言葉や行動を悪くとらえてしまうこともあるのではないでしょうか。

一旦立ち止まり、相手の良い部分は何かをじっくり考えて、相手と接することができれば、良好な人間関係を築くことができるのではないでしょうか。

③人に好かれようとしない

3つめのポイントは「人に好かれようとしない」ということです。

誰でも人に好かれたいと思うものです。しかし、無理して人に好かれようとすると、逆に嫌われるという現実を創ってしまう可能性があります。

好かれようとしない に対する画像結果

仕事だけでも疲れてしまうのに、人に好かれようと気を遣っていると毎日が余計疲れてしまいます。とくに「人に好かれたい」「嫌われたくない」という強い願望を持っている人は人間関係で大きく苦労してしまいますので要注意です。

良好な人間関係を築くために、「人に好かれようとしない」これを身につけましょう。

重要なことは自然体の自分でいることを意識することです。自然体な自分を好きになってくれる、そんな人間関係を目指しましょう。自分が上手くいっていない時にでも自分と接してくれる人は大切にしましょう。

④筋トレをすることで自信をつける

最後のポイントは「筋トレをすることで自信をつける」ということです。

自分に自信がない人と自分に自信がある人では人間関係がどのように変わってくると思いますか?

筋トレ に対する画像結果

人間関係と自信、一見関係ないように思えますが、そうではありません。

ある統計データでは、「人間関係が良好」と答えたほとんどの人が、「自分に自信がある」と回答したという統計データがあります。

筋トレをすることによって、あの時こんなに辛いトレーニングを乗り越えられたんだから大抵のことは乗り越えられるという自信に繋がります。

筋トレをすることで自信をつけるというのは1つの例ですが、外見でも中身でも自分に自信を持つことで、人と関わろうと思うことができるようになります。

自分に自信を持つことで、良好な人間関係を築くことができるようになるでしょう。

3.おわりに

職場での人間関係は、仕事に大きく影響を与えます。

また、一週間のほとんどを職場で過ごす人にとっては私生活にも影響を与えてしまいます。

本記事では良好な人間関係を築くためのポイントを4つ紹介しました。

ぜひ実践して、良好な人間関係を築いて、楽しい毎日を過ごしましょう。